北川智久 順逆曲直旋転心身

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「分からない」ということ

何かが分からない時に

「出口の無い迷宮に迷いこんでしまった!」
と考えがちでした。

しかし、最近は

「分かり方の新しいパターンを発見しつつある状態」

と思える様になりました。

これは、がんばってプラス思考をしているのではありません。

今までの自分の経験からして、そうだったからです。

すぐに分かる事もあれば、約二十年かかってやっと一つ答えが出た時もありました。

徐々に分かる場合もあれば、全く分からない事が一瞬で分かった時もありました。

よく「答えは一つではない」と言いますが、そこに辿り着く道のりも人の数だけ、
さらにその一人の中にも無数にあると思います。

僕の講習会に出てくださる方には、ご自身の「新しい分かり方」と
出会っていただきたいと願っております
スポンサーサイト
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

気をつけている事

講師を務める時や、友人と話をする時に気をつけている事です。

それは「教えるとネタバレは違う」という事です。

例えば推理小説を誰かにおすすめする時です。

それがどれだけ面白い作品でも、誰が犯人で動機が何で、
トリックはこうで、伏線が何ページみたいな事を話してしまっては、
きっと読んではくれないとでしょう。

技や動きを教えるのも同じだと思います。

教えているつもりが、ただのネタバレになっていないだろうかと
自問自答しています。

やはり一番面白いところは、取り組むご本人に掴んでもらいたいと、
いつも願っています。
別窓 | | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 北川智久 順逆曲直旋転心身 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。