北川智久 順逆曲直旋転心身

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

・形意拳からみる武術の世界


光岡英稔先生による、「形意拳(けいいけん)の面白さと、難しさを学ぶ会」が近づいてきました。

形意拳は今月で最終回となりますので、参加をお考えの方は、
この機会にお申し込みいただきたいと思います。
(またいつか、あるかも知れませんが。)

今までの流れをおさらいしておきましょう。

まず、三体式(さんたいしき)という立ち方を重点的に稽古しました。

そこから五行拳(ごぎょうけん)という動きに移行します。

これらを通して、拳の握り方と開き方、居着かない移動の仕方といった具体的な内容を学びます。

それから、一人で練習する際の注意点、陥りやすい間違いについても教えていただきました。

北川個人の感想としては、形意拳を通して、武術全般の稽古の仕方を教わっている感じもします。
またシンプルな内容のため、他の武術に応用したり、理解を進めるのにも有効だと感じました。
武道、武術に限らず、スポーツ等に取り組まれている方にもお楽しみいただけるのではないかと思います。

今回の二日間では、五行拳とその応用を学びます。

前回、前々回に参加をされていなくてもお楽しみいただける内容です。

気軽にお申し込みいただきたいと思います。

北川智久

◆ 【3月19日,20日】『中国武術概論~光岡英稔が考える形意拳の実践性~』


別窓 | 講習会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<4月20日 北川智久 「順逆曲直旋転心身」講習会のおしらせ | 北川智久 順逆曲直旋転心身 | 3月19,20日 【中国武術の概論~光岡英稔が考える形意拳の実践性】 >>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 北川智久 順逆曲直旋転心身 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。