北川智久 順逆曲直旋転心身

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「みちのく山道で感覚を深める」終了しました。

4月16日の「みちのく山道で感覚を深める」は、おかげさまで無事に終了しました。

皆様どうもありがとうございました。

開始直前まで

「分かりやすい、簡単な内容」

にするか

「まだうまく言葉に出来ない、最新の発見」

を話すか迷いました。

しかし、自分の知っている内容を繰り返しても、誰にも進歩は無いと思い、
新しい内容に踏み切りました。

なので半分以上が、僕自身、初めて講習会で話す内容でした。

分かり辛い点も多々あったと思います。

しかし結果的には、僕がみちのく山道をきっかけに、
新しい技や考え方を見つけるまでの一連の流れを
見ていただく事が出来たと思いました。

そして、いくつかの新しい発見がありました。

発見その1

以前はただ、山道には

「緊張やこわばりを、ほぐす効果がある」

と思っていたのですが、今回は

「自分が緊張していると思っている場所と、山道に乗って緊張を感じる場所は違う」

という事に気が付きました。


P4164333_edited_convert_20110420163204.jpg

発見その2

「普通に乗る」
「目をつぶって乗る」
「目隠しをして(されて)乗る」

の三パターンであれこれ実験をしました。

以前は目隠しをすると、自分の身体が、他人の様に感じて、
あまりよくないのではないかと思っていました。

しかし今回は、

「道具を使う場合には、目隠しをした方が動きが良いのではないか?」

という点を発見する事が出来ました。
今後、どのように展開していくのかが楽しみです。

皆様と正解の無い問いに取り組めた事、そして山道を通して、
新しい発見を共有出来た事が何よりの収穫でした。

どうもありがとうございました。

また新しい発見があった方には、次回教えていただけたらと思いますので、
よろしくお願いいたします。     
別窓 | 講習会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<虎拉ぎについて | 北川智久 順逆曲直旋転心身 | 過程と結果とドラえもん>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 北川智久 順逆曲直旋転心身 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。