北川智久 順逆曲直旋転心身

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

7月18日.19日◆光岡式英会話学習法「英会話と武術を一緒に学ぼう!!英語的身体の作り方」 最終回 

『こんな贅沢な企画があったとは・・』
『肌感覚の語学』
『そうか! だから英語が話せないのか!』
『現役の英語講師だが、非常に考えさせられた』

講習会終了後こんな感想を頂戴している人気講習会です。

武術と英会話を同時に学ぶ?
意外な組み合わせかも知れませんが、既に受講された方なら、なるほどとご理解頂けた事と思います。

ちょっと意外性もあり教わり学ぶだけでなく自己発見にも繋がる講習会です。

◆光岡英稔による武術・武学の概論
光岡式英会話教室~武術と英語、身体の動かし方を同時に学べるチャンスです!


・英会話にご関心のある方へ
この会では、武術の動きを通して英会話を学びます。
英語が苦手でも大丈夫です!
質問は日本語でも全く問題ありません。

・武術にご関心のある方へ
日本剣術を英語と日本語で教わります。
稽古では、一人で行える一人型と二人で行う組太刀の二つの稽古なども紹介します。

・身体論にご関心のある方へ
この会では、英語的身体の発見をテーマにしています。
英会話や武術を通して、頭と身体を変えられるのか?
頭だけで英語にシフトしたつもりでも身体が日本語では・・・
自身の身体観を変えられるのか?
一緒に挑戦してみましょう!

・よく分からないけどピンと来た方へ
騙されたと思ってお越しいただきたいと思います。
奮ってご参加ください!

日常使用している言語と違う言語を浴びるとき
自分は何をどう吸い取って行くことができるのか、ちょっと面白い経験です。
また、イザと言うときの身の守り方、護身術にも役立つ内容が沢山あります。

・休憩はご自身の判断で
他の参加者のご迷惑にならなければ、講習中の休憩・給水・トイレなどは自由です。
どうぞご自身のペースでご参加下さい。
服装も道着・スポーツウエアなど自由です。
軽装で身体が自由に動かせる格好であれば問題ありません。



講師 メッセージ
【光岡英稔による武術・武学の概論】
光岡式英会話学習法 最終回

この度は最終回を迎えます「光岡式英会話学習法」
武術と英語を同時進行で習うこの講座は、人が何かを新たに学び身に付けて行く
過程そのものを体験して頂ければと考えております。

私がハワイ時代から研究していた日本剣術を紹介するのもこの講座が初めてです!

また今回は、様々な国の多様な手のあげ方を通して、更に学びを深めていきましょう。

何処で語学と武術が繋がるのか、それは人の身体を通じて何かを学び習得するプロセスに
共通する所があります。

一生懸命に何かを習うのに、それを習得したくない人なんて一人として居ないでしょう。
なのに、何故ある人は身に付けられ、ある人は身に付けられないのでしょうか?

北川企画&TCアカデミーでは「何かを習い習得するまでのプロセス」を通じて、
気付いてみたら武術や言葉へ対す理解能力が身に付いているような講習会となります。

皆様の参加お待ちしております!

講師
光岡 英稔



東南アジア武術では光岡先生による最新の研究を紹介していただきます。
英語と現地語の違いにより生じる誤解を例に、言語と動きの関係を深めます。

剣術ではハワイ時代の稽古を紹介していただきます。
同じ英会話でも、東南アジア武術と剣術で、全く異なる雰囲気をお楽しみください。

動きやすい服装をご用意ください。

木刀、模擬刀、帯、スティック、練習用ナイフをご持参ください。
お持ちではない方には貸出します。
                          北川智久
--------------【募集要項】--------------------

◆光岡式英会話学習法「英会話と武術を一緒に学ぼう!!英語的身体の作り方」 

【日時】  7月18日(金) プログラム1   
   導入編 18:00~19:00 初めて参加される方や前回の復習・質疑応答等
    本編 19:00~21:00 日本剣術を英語で習う 

【会費】 導入編と本編合わせて \9000      
【募集人数】 20名程度  
【申し込み】申し込みフォームへ 
--------------------------

【日時】  7月19日(土)
  ●講習会 プログラム2 09:10~12:10   ¥9000
  (日本語と英語で)
 「武術・武道において手を挙げることの意味~東南アジア武術、近代日本武道・武術、
 日本剣術、中国武術の異なる観点から見る手を挙げることの意味と、その相違点と類似性」

  ●講習会 プログラム3 13:45~16:45      ¥9000  
  (英語を中心に)
  「武術における手に道具を取ることの意味~武具、道具、素手の境目を観る」

【会費】 プログラム2 ¥9000  プログラム3  ¥9000
     プログラム2+3 ¥17000
【募集人数】各20名程度  
【申し込み】 申し込みフォームへ

【会場】 両日とも江戸川区 タワーホール船堀 307会議室 
【アクセス】 都営新宿線「船堀駅」徒歩1分

----------------------------------
【連続受講特典】
*7月18日,19日 すべて受講される場合は¥25000になります。

お申し込みに際し、このメールからのリンクで申込みのページに移動できない
(表示されない)場合は上記のご案内をご参考に
お名前・住所・e-mail・受講希望講座・電話番号をご記入の上
下記メールでお申し込みをして頂ければ結構ですので
どうぞよろしくお願いいたします。

宛先  tc.academy.2011@gmail.com

●講師プロフィール
光岡英稔 (みつおか ひでとし)
岡山県生まれ。
7歳で渡米し、小学生時代をアメリカ・カリフォルニアの山の中で過ごす。
帰国後、11歳から19歳にかけて空手、柔道、古流柔術、合気柔術、中国武術、
気功などを日本で学ぶ。
その後、再びハワイへ渡米し、武術指導及び現地の武術家達と交流する。
その中で東南アジアに伝わる武術などを学び、過去に日本や中国からハワイに伝わった
武術を継承している人達との交流を行う。
また、ブラジル、フィリピン、アフリカ等、各国武術の継承者・研究者をアメリカ本土から
ハワイへ招き、講習会を企画・運営しながら学ぶ。
2000年に帰国し、武術指導を始める。
2003年2月、意拳の創始者・王向斎の高弟であった韓星橋先師(2004年没)と、
その四男である韓競辰老師に出会い同年8月に拝師の誘いを受け日本人として初の入室弟子となる。
現在、日本における韓氏意拳に関わる指導・運営の一切を任されている。
また、2012年から「文化の実践としての武の探究」を深めんが為に
国際武学研究会『I.M.S.R.I』(International martial studies research institute)を発足し、
多文化の伝統武具の用い方、伝統武術などの研究を進めている。

日本韓氏意拳学会 代表
国際武学研究会 代表

●著書
『武学探究』『武学探究、巻ノニ』(共に甲野善紀との共著、冬弓舎)

●監修
『FLOW』(尹雄大著 冬弓舎)
『意拳学』(韓星橋著 スキージャーナル)
別窓 | 講習会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<7月27日(日)第2回 嘉陽与南 「フィリピン武術を稽古する上で知っておいた方がよい事」  | 北川智久 順逆曲直旋転心身 | 緊急開催 6月21日 嘉陽与南「フィリピン武術を稽古する上で知っておいた方がよい事」>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 北川智久 順逆曲直旋転心身 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。