北川智久 順逆曲直旋転心身

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「意識と無意識の間をみる」を音を出す行為を通じて体感できるか?

「意識と無意識の間をみる」を音を出す行為を通じて体感できるか?


譜面の無い即興演奏を得意とするJazzミュージシャンって、
結構武術と繋がる行為をしているのかも?

9月1日の音楽ワークショップの講師中村尚子さんからのメッセージです。

【講師メッセージ】

『武と音楽の違いって何でしょうか?

武は行って比較するものが具体的に少ない、
自らの行いを自分自身で聞き分けられないことが多く、
過程において自分以外の指導者が必要になる。

音楽は行いそのものが音として明快に表現される。
もちろん、違いに気づくための指摘も必要です。

音楽の良い所は、自分自身の今の状態を
少し気づきやすくしてくれる、という点。

自分と自分の中の他者をしっかり確認できます。

「いま」という一瞬の連続の中で、
自分を自分でみるって難しいことですが、
音を出す、という行為に限定していくことで、
少しみる見続けるということを落ち着いてできるように
なるのではないかと考えます。

私自身、その日のいまがどうか?
その場にならなければわかりませんので、
みなさんと一緒に観察者の一人として
いろいろ試していけたらと思っています。』


別窓 | 講習会 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<10月8日 渡辺文「鉛筆ひとつでアートする!」 | 北川智久 順逆曲直旋転心身 | 甲野陽紀 「身体講座」講習会>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| 北川智久 順逆曲直旋転心身 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。